実地教習をクリア

学科もある程度知識を付け、運転のスキルも磨いていくと、いよいよ公道での実地教習が始まります。これは実際に道路に出てみて、運転をするというものです。教習所の中でも、特に緊張するのがこの実地だと言えるでしょう。それぞれの道路の仕組みを理解し、車の流れがある中で運転するというのは、何よりも緊張するシーンだと言えます。ただ、横には教官がいて危険だと思ったら止めてくれるので、普段通りに運転しましょう。コースで習ったことを活かしながら、その道路の状況に応じて対応していくことが必要です。スキル自体が求められるので、コース教習でしっかり基本を身に付けておきたいところです。

道路というのは、それぞれの状況によって大きく異なります。例えば、前方に大きなトラックが路上駐車しているかも知れません。事故があって道路が封鎖されているかも知れません。雪国では雪が邪魔していることもあります。それぞれの状況は教官が把握して指示をくれるので大丈夫ですが、状況を正確に把握して処理していくことが必要となるでしょう。そういう意味では、実地教習が難関となる方も多いです。ただ、それさえクリアできれば、後は免許センターなどに行って本試験をクリアするだけです。